• Switch Language


  • Titaniumへの組み込み

    スクリプトタグの追加

    LinkifyをTitaniumに組み込むには表示するHTMLのヘッダに以下のようなスクリプトタグを追加します。

    <script type="text/javascript"
      src="http://www-static.linkify.mobi/api/linkify.js?key=YOUR_API_KEY">
    </script>
    

    サンプルアプリケーションの作成

    例として、Linkifyが組み込まれたTitanium WebView applicationの紹介をします。今回は、 Yahoo News! のウェブページをWebViewで表示するシンプルなアプリケーションを作成します。

    HTML-based Application

    Titanium StudioでWebViewのアプリケーションを作るには、プロジェクト作成時に Default Project を選択します。

    アプリケーションファイル

    app.js の例を紹介します。はじめに、 window のインスタンスを作成します。次に、Yahoo! NewsのURLを含んだ webView のインスタンスを作成します。 addEventListener メソッドを用いることで webView がロードされたときにHTMLのヘッダにLinkifyのスクリプトタグを追加することができます。最後に、設定した webView のインスタンスを window 内に追加します。 open メソッドにより、アプリケーションを起動したときにLinkifyが導入されたウェブページが表示されます。 なお、addEventListener メソッド内にはYOUR_API_KEY環境変数が含まれているため、 LinkifyのCodeページからコピー&ペーストしてくることをおすすめします。

    var window = Titanium.UI.createWindow();
    var webView = Titanium.UI.createWebView({url:"http://news.yahoo.com"});
    
    webView.addEventListener('load', function() {
      webView.evalJS(
        "(function(){if(!window.linkified){var d=document,s=d.createElement('script');s.type='text/javascript';s.src='http://www-static.linkify.mobi/api/linkify.js?key=YOUR_API_KEY';d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s);window.linkified=true;}})()"
          );
    });
    
    window.add(webView);
    window.open();
    

    ダウンロード

    こちら から今紹介した内容のソースコードをダウンロードできます。

    Read the Docs v: latest
    Versions
    latest
    Downloads
    HTML
    Epub
    On Read the Docs
    Project Home
    Builds

    Free document hosting provided by Read the Docs.